fbpx

創業者のメッセージ

創業者:大浦絢子

Academic Research Support は2018年、独立研究者である大浦絢子によって創立されました。

彼女は、大学院時代、疫学、老年社会福祉学、公衆衛生学の研究領域にて学術活動を展開し、2014年度学術振興会特別研究員(DC2)に採択され、学術実績を積みました。

在学中に出産し、その後の育児期間中、医療関連のベンチャー企業や外資系PRコンサルティングファーム等の民間企業における制作系実務やリサーチ業務に従事、フリーのメディカルライターとして学術論文の解説記事を執筆、独自のサイト運営に関わるノウハウを習得しました。

並行して、東京都健康長寿医療センター研究所にて運動疫学系の縦断研究に携わり、2018年度に博士学位(人間科学)を取得し、同研究所においては、その後認知症関連の横断調査に携わりました。

創業者のメッセージ

これまで自身の研究を進める傍らで、熱意はあるのに研究のノウハウがなくお困りの方に多く出会いました

特に一度社会経験を積まれて、明確な課題意識をお持ちの方に限って、ノウハウを学ぶ場が少ない。

私は自身も研究者として発展途上ではありますが、自分が「こんな教育支援が受けられたらいいな」という思いから、今現在のそんな方々へのご支援ができたらと、「学術研究支援塾Academic Research Support」の事業を立ち上げました。

開業当初はたった一人でお客様へのご対応を続けておりましたが、徐々にお手伝いいただける研究者・専門家が増え、サービス内容も増やすことができるようになりました。

また、このお仕事をとおして共同研究に発展したケースもあり、将来的にこの事業が異分野の研究者同士のコミュニティの場としても機能するようになると良いなと思っております

Translate »