fbpx

大学院入試のための書類審査・面接のサポート(学術研究支援塾ARS)

こんばんは。

大学院の入試は、ちょうど今は書類審査中または書類審査完了の時期で、お次に控えるのは筆記試験または面接ではないでしょうか。

学術研究支援塾ARSでは、大学院入試用の書類全般、研究計画書や学術用の履歴書、面接用のプレゼン資料・スピーチ原稿などなどの添削をお受けしておりますよ。

せっかく面白い疑問や、熱~い思いや、クリエイティブなアイディアがあっても、

せっかくすばらしい実績や経験をお持ちでも、

アカデミックの独特な原稿の書き方でつまずく方は非常に多いです。

まずお伝えしたいのは、ご自身が研究ができる・勉強ができる能力と、それを文章にして書くことと良く伝わるようにアピールする能力は全くの別物だということ。

繰り返しますよ~

研究ができるのと文章が書けるのと伝わる書き方ができる、これはそれぞれ別に習得しなければならない技術です。

でもこれ、習えるところはありませんよね。

「修士課程なんだから、博士課程なんだから、そのくらいのことはできて当然!」

「そんなことは教えないわよ」

ご所属の研究室でそんなふうに言われ、駆け込んで来られる方はとっても多いです。

決して”そんなこと”ではないので、泣き寝入りせず堂々とご相談ください。

アカデミックの書類やプレゼンは、普通の会社に入るための審査と違って独特です。

注目されるポイントが違いますし、書類の書き方もアカデミックならでは!

面接のために武装しておきたいスピーチ内容や、一歩リードできる資料作成など、

もしも専門領域が弊社ではじめましての方でも、きっと何かしらでお役には立てると思いますので、

どうぞどうぞ使ってくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »